【ShadowCorridor2 雨ノ四葩】「異界の学舎」攻略

大正時代辺りの学校のような雰囲気が漂う最初の回廊、「異界の学舎」です。

薄暗い室内と蛍光灯、渡り廊下に雨音が恐怖を掻き立てます(- -; )

ランダム生成の構造、基本的な徘徊者とアイテムの効果やギミックに慣れるのにぴったりな回廊です。

目次

難易度による違い

スクロールできます
難易度徘徊者害虫チャイム
初級渦の踊り子虚蜘蛛3つ目
中級渦の踊り子
テルテル坊主
虚蜘蛛3つ目
5つ目
上級渦の踊り子
テルテル坊主
紫怨(固定・徘徊)
虚蜘蛛
人繭蛾
取得するたび

特徴と攻略ポイント

光源

光源は「蛍光灯」です。

エリア間

回廊構造はランダム生成ではありますが、今作も前作同様、一つひとつはランダムなものの、マップ全体は小さなエリアが集まったものになっているようです。

「異界の学舎」のエリアが切り替わる箇所は「渡り廊下」と「階段」です。

探索していると階段が見当たりますが、上下階に移動するための階段ではなく、エリアが切り替わる箇所です。

1階にあるのが自然な渡り廊下が2階にある…のようなことが起こり、不気味さを醸し出しています。

渡り廊下
階段

教室

クラスプレートが目印の教室のような部屋は、決まった作りになっています。

必ず蛍光灯が2つ、机、ロッカーがあることを覚えておくと探索の助けになります。

チャイム

勾玉取得時にチャイムが約30秒間、広い範囲に鳴り響きます。

チャイムが聞こえる範囲にいると「発狂ゲージ」が溜まり「発狂」状態になり危険です。

予め対処法を準備すると生存率が上がります。

上級では恐らく穢れゲージも同時に蓄積されている状況が多く、焦りがちです。

他要素と比べるとチャイム単体の対処は簡単なため、発狂を確実に抑えられることを確認してから動きましょう。

徘徊者

ライターや懐中電灯を点けているとかなりの距離があっても気付かれます。

また視界を遮らないといつまでも追いかけてきます。

どの程度の距離が気付かれるのか、どの程度で追跡を切れるのか、アイテム使用効果とともにこのステージで慣れましょう。

ふたつ穴の蝋燭

異界の学舎の初級は「渦の踊り子」2体しかいないため、光源アイテム「ふたつ穴の蝋燭」を回廊内や火垂屋で2回入手し、命の灯と引き換えに葬ると徘徊者がいなくなり、残りは害虫のみでほぼ完封できます。

異界の学舎の初級では使用せずとも簡単にクリア可能ですが、このハイリスク・ハイリターンな効果に慣れておくと高難易度、他回廊の攻略時に行動の選択肢が増えるためオススメです。

徘徊者を葬った後

害虫

通路型の虚蜘蛛は懐中電灯を使っていると発見しやすいです。

徘徊者からの逃走中に蜘蛛の巣に掛からないよう注意しましょう。

中級以上は徘徊者と重なった時の危険度が上昇します。

体力管理を意識して余裕がある時は爆竹で撃退しておくのが良いです。

上級は虚蜘蛛に加え、人繭蛾が出現します。

どちらも単体では大した脅威ではありませんが、雨による行動制限のある上級では厄介な存在となります。

通過するしかない時は少なくない被ダメージに注意しましょう。

勾玉

初級は基本的な勾玉部屋に加え集める数も3つと易しく、ゲームの流れを覚えるのに良い難度です。

中級以上は回廊を長時間探索するため、アイテム、ギミックを利用する継戦能力が求められます。

上級になると雨ノ四葩の水で満たされた部屋追加や他要素と併せ、ただ鍵や爆竹で扉を開ければ良いだけではなくなり取得難易度が上がっています。

事前準備とタイミングを図り、ひとつずつ慎重に取得しましょう。

雨ノ四葩の水

上級は雨ノ四葩の雨が降るエリア、雨ノ四葩の水で満たされた勾玉部屋が追加されます。

雨が降っているエリアは滞在時間が制限されるため、雨が降っていないエリアを綿密に探索するのが良いです。

また、雨ノ四葩の水で満たされた勾玉部屋では雨に比べ穢れゲージの蓄積速度がとても早いです。

いきなり雨ノ四葩の水への立ち回りは難しいため、霖雨の回廊にて「穢れ」に慣れてから、異界の学舎の上級をプレイするのが良いです。

カルタで「清浄の四葩」を持ち込むと大幅に難易度が下がりますのでオススメです。

雨ノ四葩の水で満たされた勾玉部屋
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次