【ShadowCorridor2 雨ノ四葩】「霖雨の回廊」攻略

ステージの至る所に雨が降りしきる「霖雨の回廊(りんうのかいろう)」です。

新しい徘徊者と入り組んだ構造の生成に加え、雨ノ四葩の水による状態異常が発生します。

雨により探索可能範囲が狭まり、静かな雰囲気の中で刻々と確実に追い詰められていきます。

目次

難易度による違い

スクロールできます
難易度徘徊者害虫
初級渦の踊り子
紫怨(固定)
虚蜘蛛
人繭蛾
3つ目
中級渦の踊り子
テルテル坊主
紫怨(固定)
虚蜘蛛
人繭蛾
3つ目
5つ目
上級渦の踊り子
テルテル坊主
紫怨(固定・徘徊)
虚蜘蛛
人繭蛾
取得するたび

特徴と攻略ポイント

霖雨の回廊は体力と穢れゲージの管理、雨と紫怨による行動制限をいかに対処できるかが重要です。

光源

光源は「行灯(あんどん)」です。

メタ的な情報として、すべての行灯は向きが決まっており、行灯下部にある傷のような跡は左上(北西)にあります。

行灯を確認することで方角が把握できます。

入り組んだ構造

同じマスの1階、2階は存在しませんが、上下階が生成されます。

このことから徘徊者を遠くから視認しづらく、階段で鉢合わせする可能性があります。

階段が近い場所では特に慎重に動きましょう。

開けた場所もあり、徘徊者に対し見つけやすく見つかりやすくなっています。

紫怨(シオン)

中級以下で進めてきたプレイヤーにとっては新しい脅威となる徘徊者、紫怨です。

主にプレイヤーの移動を強く制限し、「雨」による「穢れ」を浄化できるとは言え、いるだけで厄介な存在です。

霖雨の回廊ではすべての難易度で出現します。

また固定型と徘徊型の2種類がおり、徘徊音から判別しにくいのも難点です。

人繭蛾(通路型)

異界の学舎にて勾玉部屋を飛び交っていた人繭蛾の通路型です。

通路1マス分の繭にたかっています。

存在の気付きにくさ、1度襲われるとしばらく振りほどけない点が厄介です。

「懐中電灯、防虫香、爆竹」が有効な対策です。

雨ノ四葩の水に触れると「穢れ」状態になり体力が少しずつ減少します。

「穢れゲージ」が溜まり切ると体力に関係無く死亡します。

勾玉取得時、広範囲の通路と部屋に雨ノ四葩の雨が降り始めます。

周辺のアイテム探しなどがしにくくなるため、雨が降り出す勾玉取得前にできるだけ探索すると無駄がありません。

中庭では縁側以外は雨に触れることになるため、通過時は注意が必要です。

中庭

また中級、上級は最初から雨が降っているエリアがあり、滞在時間が制限されます。

カルタ「清浄の四葩」を持ち込むと大幅に難易度が低下するのでオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次