【Dead by Daylight】 パーク構成まとめ 4.2.2時点

【Dead by Daylight】 パーク構成まとめ 4.2.2時点

他人が使っていたり、自分で使ってみたパーク構成のリストです。

大いに主観が入っていますので、参考程度に留めてください(- -)

他に「こんな構成良いよ!」ってのがあったら、お気軽にコメントください!

いくつかの構成は友達に教えて貰いました、ありがとう!

アイテムのアドオンについてもまとめました。

広告

目次

流行パーク(生存者)

体感ですが、最近使われているサバイバーパークのリストです。※順不同

「凍りつく背筋」と「鋼の意志」はホントよく見ます。

よく見る

  • 凍りつく背筋
  • 全力疾走
  • アドレナリン
  • セルフケア
  • 鋼の意志
  • 与えられた猶予
  • デッドハード
  • 決死の一撃
  • ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ

たまに見る

  • 血族
  • 逆境魂
  • こそ泥の本能
  • 小さな獲物
  • 有能の証明
  • 共感
  • 都会の逃走術
  • 不滅
  • しなやか
  • ダンス・ウィズ・ミー
  • 解放
  • 内なる力

生存者(サバイバー)パーク構成例

発電意識高め

  • アドレナリン
  • 決死の一撃
  • 残された猶予
  • デッドハード

重要な場面で強力な効果を発揮するパークを集めた構成です。

個人的に使用率が高い構成です。

メリット

吊られても「決死の一撃」があるため負傷状態のまま発電機を修理しやすく、「アドレナリン」で回復できるため発電意識も高まります。

「残された猶予」と「デッドハード」で救助時、ターゲットがどちらに来てもチェイスしやすくなっています。

デメリット

限定的な状況に特化しているため、他の汎用的なパーク構成と比べてクセが強いです。

仲間の位置の予測、板や窓の生成、殺人鬼の心理など基本的な知識、立ち回りができないと扱うのは難しいでしょう。

発電意識高め その2

  • アドレナリン
  • 鋼の意志
  • デッドハード

「絆」でなるべく仲間と行動し、修理、治療を素早く行う構成です。

メリット

仲間と一緒だと野良でも連携が取りやすいです。

修理を早く終えられることで「イタチが飛び出した」を入れられにくくできます。

「アドレナリン」も発動しやすいです。

あとは負傷時に強気に立ち回れる「鋼の意志」を、チェイスパークは相性が良い「デッドハード」を採用しました。

デメリット

「鋼の意志」と「デッドハード」が強力とはいえ負傷状態の時間が多くなるため、見つかるとあっさりやられることもあります。

合流するまでは慎重に動きましょう。

発電意識高め その3

  • 血族
  • 全力疾走
  • アドレナリン
  • 決死の一撃

なんか「デッドハード」がうまく使えない時に使っている構成です。

個人的には非常に扱いやすく、脱出率が最も高いです。

メリット

「全力疾走」で初撃を喰らいにくくし、「血族」で救助しやすくされやすく、負傷状態でも「決死の一撃」持ちのため強気に発電できます。

よくある場面は、救助された後チェイスに入り「決死の一撃」を刺してさらにチェイスしている時に通電し「アドレナリン」で脱出、という流れです。

デメリット

「血族」以外、自分が脱出することに重きを置いているので、仲間をかばったりなどは難しいです。

その分、発電、チェイスで貢献しましょう。

広告

発電&隠密

  • 凍りつく背筋
  • 有能の証明
  • 全力疾走

教えてもらった、仲間と高速発電、キラーが近づいたら即隠れる構成です。

メリット

「絆」のメリットはもちろん、「有能の証明」を積極的に使って高速発電します。

心音がしてもギリギリまで修理することで発電し、「イタチが飛び出した」を入れられにくくできます。

キラーが近づく前に「凍りつく背筋」で感知し隠れられる&仲間にもキラーが近づいていることを知らせられます。

デメリット

隠密が鍵なので、見つかってしまうと逃げ切るのは厳しく、「決死の一撃」も無いのでトンネルされるとやられやすいです。

隠密特化

  • 凍りつく背筋
  • 全力疾走
  • 都会の逃走術
  • ディストーション

徹底的に隠れ、見つかったら「全力疾走」で逃走する構成です。

メリット

パークの効果で試合前半は相当見つかりにくいです。

この構成で隠密の練習をして別の構成に活かせます。

デメリット

「ディストーション」が切れる中盤からは、立ち回りに注意が必要になります。

「ディストーション」を「鋼の意志」に変えるのもアリです。

負傷状態時強化

  • 逆境魂
  • 凍りつく背筋
  • 鋼の意志
  • デッドハード

負傷状態の時に効果を発揮するパーク群、いわゆる猫逆境の構成です。

メリット

「逆境魂」と「凍りつく背筋」2つを付けることで板窓越えが15%上昇、チェイスが少し有利になります。

それ以外でも発電機修理速度や治療速度も上昇、「鋼の意志」で隠密もできます。

チェイスパークは相性が良い「デッドハード」を採用しました。

デメリット

負傷状態でないと効果を発揮しないため、一撃持ちには相性が最悪です。

また、負傷状態の時間が長いため立ち回りに気をつける必要があり、遠距離攻撃持ちのキラー相手や救助は難しいです。

試合が生存者有利に進んでいるならさらに有利に、不利に進んでいるならさらに不利になる上級者向きの構成だと感じています。

広告

チェイス中にキラーを撒く

  • 素早く静かに
  • 鋼の意志
  • しなやか
  • ダンスウィズミー

チェイス中に姿を消す構成です。

メリット

特にキラーに見られていない時に窓枠を越えると成功しやすいです。

「素早く静かに」で窓枠を無音で飛び越え、「しなやか」で移動速度上昇、その間「ダンス・ウィズ・ミー」で足跡が残らず、負傷していても「鋼の意志」で隠密に移行します。

デメリット

3つを一瞬に振っているため、運用が難しいです。

板やロッカーでも発動してしまうパークがあるため、クールタイムに注意しましょう。

隠密&ライトor爆竹救助

  • 全力疾走
  • 共感
  • 鋼の意志
  • 都会の逃走術

ライト救助がしやすい構成です。

メリット

負傷状態でチェイスしている仲間に「共感」で近づき、「鋼の意志」と「都会の逃走術で」待機し、キラーが担いだ時に「全力疾走」でうまく位置どるといった流れです。

パーク効果でかなり成功しやすくなっています。

ちなみに「鋼の意志」はライト救助にはほぼ必須ですので覚えておきましょう。

デメリット

隠密くらいしかできません(- -)

強引救助→無理矢理脱出

  • 決死の一撃
  • 与えられた猶予
  • デッドハード
  • 解放

通電後、キャンプになりがちな時に効果的な構成です。

メリット

キャンプ気味なところを「残された猶予」で強引に救助し、「解放」条件を満たします。

仲間の代わりに吊られるでしょうが、「解放」でフックから抜けゲートまで「デッドハード」でチェイスし、ゲートまでもう少しの所でやられても「決死の一撃」で抜け出し脱出します。

決まると非常に強力で、キラーとしてはどうしようもないです。

デメリット

「解放」持ちなので条件を満たす前に吊られるとパークが腐ってしまいます、慎重に動きましょう。

たまたまでしょうが、「解放」を付けていくと何故か最初に吊られることが多い気がします、何で(- -)

広告

ブラッドポイント稼ぎ

  • 小さな獲物
  • 決死の一撃
  • ずっと一緒だ
  • 内なる力

教えてもらった、使い勝手が良い構成です。

「ずっと一緒だ」を別のパークにすると実戦向きになります。

メリット(使いかた)

試合が始まったら「内なる力」のためにトーテムを1つ破壊します。

「小さな獲物」があるので同時に「破滅」などの呪いのトーテムも探しやすいです。

「ずっと一緒だ」のトークンを貯めるために積極的に救助に行きましょう。

救助に入った後はターゲットを取るように動き、仲間の代わりに攻撃を喰らえば更にトークンが貯まります。

自分が吊られた後は殺人鬼にバレてもいいのでロッカーに入ります。

すると殺人鬼が担げば「決死の一撃」でチェイスへ持ち込め、担がなければ「内なる力」で回復できます。

その後はまたトーテムを破壊しに行きます。

「ずっと一緒だ」のトークンが溜まっているとトーテム破壊1つで最大2000ポイント稼げます。

デメリット

積極的に救助に行くため、救助が早すぎると発電機が回らず全滅しやすくなります。

パークが1つ無いようなものなので不利です。

木箱罠生存者板窓可視化

マップ上の色々なオブジェクトが見える、見出しが中国語みたいになってしまった構成です。

気分転換に使っています。

  • こそ泥の本能
  • 小さな獲物
  • ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ

メリット

情報戦に特化した構成で、手に入る情報をいかに立ち回りに活かせるかが重要になります。

「小さな獲物」で罠・呪いのトーテム対応を、「絆」で仲間との連携を、「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」で逃走経路の組み立てを行います。

「こそ泥の本能」で補助にアイテムを、鍵も出やすいのでいざという時に頼りになります。

デメリット

情報が手に入るだけで効果は全く無いため、チェイスや救助、隠密は難しいときがあります。

ですが色々見えて使ってて楽しいです、たまにはこんなのもいかがでしょうか。

広告

デイリーリチュアル / チェイス120秒

  • アドレナリン
  • デッドハード
  • 執念の対象
  • 決死の一撃

「チェイスをすること」に特化した構成です。

「執念の対象」でキラーに狙われやすくなりますが、デイリーを達成しやすくなります。

脱出できなくてもいいなら「アドレナリン」を「血族」に変えるのもオススメです。

とっとと救助してもらって、「決死の一撃」を刺してチェイス時間を稼ぎましょう。

チェイス補助として「 ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ 」も有効です。

デイリーリチュアル / 発電機修理&共同

  • 予感
  • 有能の証明
  • 全力疾走

仲間と修理をしキラーが近づいたら隠れる構成です。

上の方の「発電&隠密構成」と似てます。

「予感」にしたのは無理矢理発電するより隠密性能を上げ、少しずつでも確実に修理を進めるためです。

使いやすければ「凍りつく背筋」に変えても問題ありません。

デイリーリチュアル / 発電機修理&共同 その2

  • 有能の証明
  • 全力疾走
  • 寝ずの番
  • 一緒にいよう

自分から合流するのではなく、仲間に来てもらう構成です。

高速発電で素早くデイリーリチュアルを終わらせましょう。

「有能の証明」に加えて「寝ずの番」もあるため、割と一緒にいてくれたりします。

ちなみに「寝ずの番」により疲労回復時間が40秒→33秒、しゃがみ状態だと26秒になります。

広告

デイリーリチュアル / フック2本破壊

  • 共感
  • セルフケア
  • 鋼の意志
  • サボタージュ

※3.6.0でフック破壊に変更が入り、寸止めが出来なくなりました。

※「ブレイクダウン」によるフック破壊はカウントされません。3.6.2時点で確認。

3.6.0の「サボタージュ」の変更により、構成を変えました。

どうせフック破壊するなら特化しましょう。

担がれそうな仲間に「共感」で近づき、「サボタージュ」でフックを破壊、吊られるのを妨害します。

隠密待機と単独行動が多いため「鋼の意志」と「セルフケア」を採用しました。

チェイスは……頑張ってください。

デイリーリチュアル / チェストから持ち帰る

  • こそ泥の本能
  • 最後の切り札
  • 調剤学

どうせ開けるなら特化して開けましょう。

チェストから良いアイテムを出し、仲間に配れば脱出率も上がります、多分。

持って帰る自分の分まであげたりしないように。

デイリーリチュアル / ゲート解放

  • 誰も見捨てはしない
  • 希望
  • アドレナリン
  • 目を覚ませ!

通電後に特化した構成です。

通電後、「目を覚ませ!」でゲートを確認、「希望」と「アドレナリン」で仲間……いや、敵です、敵(サバイバー)より先にゲートに向かい開放しましょう。

1つ開けられたとしても「誰も見捨てはしない」で仲間の位置を確認、何か使い方が間違っていますが、もう1つのゲートに間に合いそうなら向かいましょう。

通電までがキツイです、ここまで頑張ったのだから何としても開けましょう。

ちょっと特化しすぎたかも……(^^;)

広告

殺人鬼(キラー)パーク構成例

※「破滅」の変更について

バージョン3.5.0にて「破滅」の効果が変更され、実の所大幅に弱体化されました。

ぶっちゃけもう殆ど使用する価値はありません。

これからどうするか調べた所「遅延せず、攻撃特化にする」という結論が多かったです。

ご存知の通り、「破滅」については各所めちゃくちゃ荒れています……アップデート以降、個人的に見ていたsteamのDbDオンライン人口も日平均5000人程減少しています。

私もモチベが下がりました。

ユーザーの声を聞いた上で実際にプレイして、ゲームバランス調整して欲しいなあ……。

とても面白いゲームなので、また賑わうことを願っています。

キラーのパーク構成については模索中です。

しばらくこのまま放置です(- -)

※追記 3.7.2時点の感想

おそらく運営さんが考えている「試合の回転率を上げたい」という方針により、「破滅」の弱体化に伴って、多くのマップに大幅な変更が入りました。

具体的には強い窓枠の削除や、板の枚数減少といった点です。

この変更でチェイスが殺人鬼有利になり、今までより短い時間でチェイスが終わりやすくなりました。

窓については飛び越え時の処理に変更が入り、生存者有利になりましたが……。

板は強すぎる、窓をうまく使えということでしょう。

「破滅」については、チェイス時間短縮の上記の変更と合わせ、また「監視」と組み合わせる、そして破壊されずに終盤まで残ると何だかんだ強いので、弱体化されたとはいえ持っていっても個人的にはいいかなと感じました。

オンライン人口も元に戻ってきました。

コロナの影響で一時的に増えているだけかもしれませんが……。

以前より試合展開が早くなりましたが、楽しくなった……かな?

もうすぐ4周年なのでブラッドポイント稼ごうと思います、以上です!

流行パーク(殺人鬼)

殺人鬼(キラー)はキラーによって定番のパークがあるので、全キラー共通して流行しているパークをピックアップしています。

よく見る

  • 破滅
  • 不死

「破滅」と「不死」の組み合わせは新キラー「ブライト」が追加された4.2.0以降、非常に多くのキラーが採用しています。

対策として「刑事の直感」、「小さな獲物」が役に立つので、前述のサバイバーパーク構成「ブラッドポイント稼ぎ」の「ずっと一緒だ」をチェイスパークに変えた構成や、「不死」の効果であるトーテム破壊中の生存者オーラ可視化により「不死」があるか分かる&警戒として、「ディストーション」などもオススメです。

また、アイテム「地図」を持ち込むことでも、トーテムを見つけやすくできます。

アイテムについてはこちらをどうぞ!

【Dead by Daylight】アイテム(地図、ライト、鍵)のアドオン組み合わせまとめ

共通万能

  • ずさんな肉屋
  • 囁き
  • 破滅
  • バーベキュー&チリ

教えてもらった、どのキラーでも使いやすい構成です。

「囁き」で索敵、吊って「バーベキュー&チリ」で索敵、「ずさんな肉屋」と「破滅」で遅延、チェイスは殺人鬼の固有能力でカバーします。

めっちゃ使いやすいです。

※この構成は「破滅」弱体化の3.5.0以前のものです。

ピッグ

  • 破滅
  • バーベキュー&チリ
  • 監視
  • 選択は君次第だ

「監視」、「選択は君次第だ」、「バーベキュー&チリ」で次の行動の選択肢が豊富で楽です。

「破滅」は、逆トラバサミを外すのにマップを走り回るサバイバーに見つけられやすいので「イタチが飛び出した」に変えてもいいかもしれません。

でもやっぱり「破滅」に戻ります、発電機点くの早すぎ(- -)

※この構成は「破滅」弱体化の3.5.0以前のものです。

リージョン

  • 血の追跡者
  • まやかし
  • 不協和音
  • 血の共鳴

「不協和音」で複数の生存者を見つけやすくし、負傷をばら撒きます。

1人吊ったあとは「血の共鳴」で疲労状態になっている負傷状態のサバイバーを「まやかし」と合わせ素早く倒しやすくなっています。

索敵は「血の追跡者」を採用し、負傷状態、流行パークの「鋼の意志」持ちのサバイバーを見つけやすくしています。

「破滅」や「イタチが飛び出した」などの遅延パークが一切ないため、いかにチェイスを早く終わらせられるか、また深手をばら撒けるかが重要です。

広告

他の【Dead by Daylight】の記事