【コールセンター】 キーボードショートカット(Windows)

【コールセンター】 キーボードショートカット(Windows)

扱えると処理速度が上がるキーボードショートカット。

色々ありますが、コールセンター業務での通話中や後処理に使いそうなキーボードショートカットをまとめました。

Windows10での動作で説明していますが、バージョンによる違いは殆ど無いので気にしなくて問題ありません。

広告

Ctrl系

Ctrl+A

アクティブになっているウィンドウ内要素を全て選択します。

例えばメモ帳の内容を全て選択しコピペ(コピー&ペースト)するなどに使います。

Ctrl+C

選択している要素をコピーします。(クリップボードに保存する)

Ctrl+V

コピーした(クリップボードに保存されている)要素をペースト(貼り付け)します。

前述の「Ctrl+C」とこの「Ctrl+V」はよく使用され、合わせてコピペ(コピー&ペースト)と呼ばれています。

Ctrl+F

アクティブになっている範囲、または選択範囲の中から探せる検索窓を表示します。

Ctrl+Z

編集を一段階戻します。

Ctrl+Y

編集を一段階進めます。

Ctrl+T

新しいタブを開きます。

Ctrl+N

新しいウィンドウを開きます。

Ctrl+Alt+Delete

セキュリティ系メニューを表示します。

Ctrl+Shift+Esc

タスクマネージャを立ち上げます。

Alt系

Alt+Tab

アクティブウィンドウを切り替えます。

Alt+→ / ←

ブラウザにてページを進める / 戻るを操作できます。

広告

Shift系

Shift+Home

テキストにてカーソル以前の同じ行を選択します。

Shift+End

テキストにてカーソル以降の同じ行を選択します。

Shift+→ / ←/ ↓ / ↑

テキストを範囲選択する。

左右は同じ行を、上下は行越しに選択する。

Tab系

Tab

選択箇所を次の項目に移動します。

Tab+Shift

選択箇所を前の項目に移動します。

Windows系

Windows+「+」

拡大鏡を立ち上げると同時に拡大します。

Windows+「-」

拡大鏡を立ち上げると同時に縮小します。

Windows+D

デスクトップを表示します。

Windows+E

エクスプローラーを立ち上げます。

Windows+R

「ファイル名を指定して実行」を立ち上げます。

notepad

「ファイル名を指定して実行」にてメモ帳を立ち上げます。

mspaint(PrintScreen→Windows+R→mspaint→Ctrl+V)

「ファイル名を指定して実行」にてペイントを立ち上げます。

今の画面をとりあえず別に取っておきたい時によく使います。

PrintScreenにてスクリーンショットをコピー(クリップボードに保存)し、ペイントに貼り付けます。

Windows+U→U

PCをシャットダウンします。

Windows+U→R

PCを再起動します。

広告

まとめ

早く習得するオススメの方法があります。

はじめは使いにくく感じますが、時間が掛かってもあえて意識してキーボードショートカットを使います。

そうすることで習慣になり、自然に使えるようになります。

人間が習慣として認識するのは約66日。

約66日間続けることができればその後は快適になります。

むしろそうしないと落ち着かなくなります。

おまけ

大勢で一つの画面を共有する時に拡大鏡は便利!

広告